teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/930 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

女子応援委員誕生に思う

 投稿者::白堊應援圑30 星  投稿日:2018年 6月 3日(日)10時25分23秒
  通報
  昨今の盛岡一高は、男女生徒との比率は50/50となった、また、高体連高出の活躍は県大会、全国大会を通じて女子活躍(優勝・準優勝)が目立っている。ということは、当然ながら女子応援委員による旗振り応援を行うべきであろう。
平成10年に、校舎屋上の応援練習を見学に行ったところ、応援着姿の女子が居たので、ついに女子応援委員が始まったか!と思い旗振り練習しているのかよ尋ねたら、自主的に応援委員をサポートしているのだという話であった。応援委員として立候補する制度はまだできていなかったらしい。その後、野球応援などの折に見に行ったが、女子の応援委員は居なかった。
今年になって、白堊通信の記事や、在京白堊会総会の場で川上校長と話をする機会があり、女子の応援委員着任を知った。応援委員も男女2名ずつで在校生の比率と同じである。今後は、お互い切磋琢磨して伝統ある白堊応援を引き継いでほしいものだ。いまや、弊衣破帽は豊かな社会においては現実的でない、質実剛健とはぼろぼろの服装を言うのではなく、質素な生活をして忠実自彊の精神で生きていくことである。今後が楽しみである。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/930 《前のページ | 次のページ》
/930