teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:151/929 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いいんだか、悪いんだか…

 投稿者:白堊博物館長 星メール  投稿日:2008年 3月13日(木)22時46分40秒
  通報
   1995年10月(バブル絶頂期)以来、12年半ぶりに1ドル=100円を突破、99円75になった。
これは円が強くなったのではなくドルが弱くなったためで、どうもドルを機軸とした世界経済が崩壊する前兆ともとれる現象らしい。代わって台頭してきたのが中国マネー(元)とオイルマネー。鼻息も荒く世界中の株式、投資信託、不動産を買いあさり、米国銀行に資金投入ときた。
 円が強くなればどうなるか、先ず輸入食料・食品、原材料が安くなる。しかし輸入の大半を占める中国製品は安心して食べることは出来ない。今話題のガソリンも輸入価格は下がるドル安の影響で原油が史上最高値で相殺される。
 一方では輸出頼みの基幹産業自動車関連が不振になる。春闘ではここ数年世界のトップクラスの売り上げと利益を誇るトヨタをは筆頭ベースアップは1000円台。現在の状況ではいくら福田首相がベースアップに言及しても給与を上げられない。
 庶民は、しばらくはじっと首をすくめて不況の嵐の過ぎ去るのを待つしかないのだろうか? せめてガソリンの値下がりに期待しよう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:151/929 《前のページ | 次のページ》
/929